選び方 双子のベビーカー
読了時間:約4分5秒

双子(2人乗り)用は横型?縦型?


愛する家庭に双子の赤ちゃんが生まれた場合、ライフスタイルによっては1人乗りのベビーカーでやりくりされる方もいらっしゃいます(大人が常に2人以上付き添ってで出かけられる環境がある場合)が、基本的には通常のベビーカーではなく、2人乗りのベビーカーを選びます。

2人乗りのベビーカーの特徴としては、まず1人乗りと違ってA型、B型といった区別がありません。また、1人乗りよりもサイズが大きく重くできています。双子を乗せることができる2人乗りベビーカーの種類とは、横型ベビーカー、縦型ベビーカー、双子用バギーがあります(双子用バギーは基本的に横型です)。

2人乗りベビーカーの種類について

双子の赤ちゃん用にベビーカーを購入しようと思ったときに、どの種類のベビーカーを購入したらよいのかわからないという方も多いと思います。そこで、それぞれのベビーカーの種類・特徴についてここから紹介していきます。

    横型ベビーカー

    横型は、双子の赤ちゃんがそれぞれ横に並んで座れるベビーカーです。双子感がより強く出て、並んで乗っている姿は周りの目から見ても可愛いです。ただし横幅がその分広くなるので、幅が狭い場所(家の玄関、エレベーター、駅の改札、狭い歩道など)では苦労します。

      メリット

    • 縦型よりもコントロールしやすい。
    • 生後1ヶ月から使用できるものが多い。
    • 2人で並んで座っている姿が可愛い。
    • 場所の喧嘩(どちらが前・後に乗るか)をせずに仲良く乗れる。
    • 走行しながら双子の様子を確認しやすい。

      デメリット

    • 車体の幅が広いため、狭い場所は通れないし入れない。
    • 目立ちたくないときでも目立ってしまう。
    • 歩道のない(狭い)道路では、車が怖い。

    縦型のベビーカー

    縦型は、双子の赤ちゃんが前後(縦)に並んで座るベビーカーです。横型とは違い、車幅が1人乗りとほぼ同じなので、エレベーターや改札口などの狭い場所でも普通に通れます。ただし縦に長くなるので、そのぶん操作は難しくなってしまいます。縦型の軽量バギータイプは(おそらく)ありません。

      メリット

    • 車幅は1人乗りと同じくらいで、狭い場所でも通行可能。
    • 双子ではなく年子の場合は、縦型の方が安定感があるかも。

      デメリット

    • 横型よりもコントロールしにくい(曲がりにくい)。
    • どちらが前に乗るかで喧嘩になる。
    • 前のシートに座る子供に、目が行き届きにくい。

    双子用バギー

    双子用バギーは、生後7ヶ月くらいから使用できる、軽量タイプの2人乗りベビーカーです。基本的に横型ですが、軽量化されているぶん、横型ベビーカーよりも幅が狭くて使いやすいという特徴があります。

      メリット

    • 通常のベビーカーよりも軽くて扱いやすい。
    • 軽量化されているぶん、通常の横型よりも幅が狭い。
    • コンパクトに折り畳めるので、収納場所にそれほど困らない。

      デメリット

    • リクライニングできないので、首・腰がすわった赤ちゃんでないと使えない。
    • 車体が軽いので、荷物を持ち手にかけたときの安定感がない。
    • 通常の横型よりも幅が狭いけど、通れない場所は通れない。

双子のベビーカー選びのまとめ

紹介した種類の中でどのベビーカーが良いということはありませんが、多くの利用者の声を参考にアドバイスできるならば、特に何も理由がなければ横型を選んだほうが無難。狭い場所を頻繁に通行しなければいけない環境にある場合は、縦型のベビーカーを選んだほうがよい。といった感じになります。

双子(2人乗り)用のベビーカーは、有名ブランドであればちゃんと用意・販売されています。可愛い双子ちゃんのためにも、購入者のレビューなども参考にしながら素敵なベビーカーを探してみてください。




Comments are closed.

Back to Top ↑