選び方 赤ちゃんとベビーカー
読了時間:約4分14秒

タイプ・種類で選ぶ(A型、B型等)


我家にもベビーカーが欲しいと思ったときに、何となく目に付いたベビーカーを購入することは決してお勧めできません。ベビーカーにはブランドだけではなく、A型・B型といった独自の種類があって、利用する時期によって選び方が変わってきます。

特に初めてベビーカーを購入する方には、それぞれの種類の違いなど、わからないことが多いです。そこで今の環境に合ったベビーカーを選ぶために、それぞれの種類について説明していきます。よろしければ参考にされてみてください。

    A型ベビーカーの特徴

    A型ベビーカーは生後1ヶ月くらいから使用することができます。背もたれの角度がほぼ水平(フラット)に近い状態になるので、まだ首が座っていない赤ちゃんを寝かせて使用できるタイプのベビーカーです。SGマーク(安全性の認証制度)の適用年齢区分は、「腰がすわる前(生後1ヶ月くらい)~最大48ヶ月」となっています。

    衝撃や振動を吸収できるように作られているので赤ちゃんに優しい設計なのですが、B型に比べると大きくて重量感があるというのが一般的です。A型は両対面式のものが一般的で、ハンドルを切り替えることで赤ちゃんの向きを変更できます。首が座るまでは赤ちゃんの表情が見れるように対面で使い、首が座ったら背面で使うという方が多いようです。

    A型は利用期間が短く大きくて場所もとるので、A型のベビーカーはレンタルで済ませて、赤ちゃんの腰が座ってからB型のベビーカーを購入するという方もいます。A型ベビーカーを所有しているけど今は使っていない知り合いの方に貸してもらうのもよいですし、レンタルでベビーカーを貸し出しているサービスを利用してもよいでしょう。

      A型ベビーカーのまとめ

    • 生後1ヶ月から、首が座っていない赤ちゃんを寝かせて使用できるタイプ。
    • B型よりも安定感はあるが、その分大きくて重量感がある。
    • A型はレンタルで済ませて、B型ベビーカーから購入するという方も多い。

    B型ベビーカー

    A型ベビーカーは生後7ヶ月くらいから使用することができます。背もたれの角度には制限があり、赤ちゃんの首・腰がすわった状態(支えなしで一人座りできる状態)を使用対象としています。SGマーク(安全性の認証制度)の適用年齢区分は、「おすわりができる時期(生後7ヶ月くらい)~最大48ヶ月」となっています。

    B型はA型に比べて軽くてコンパクトなところが特徴です。折りたためて持ち運びしやすいので、電車やバスを利用する方でも移動しやすいですし、収納に関してもそれほど場所をとりません。

    初めてベビーカーを購入する方はA型を選ぶ場合が多いので、種類はB型のほうが少なめです。セカンドカーとしてB型を選ぶことから、価格に関してA型よりも安めの設定になっているようです。

      B型ベビーカーのまとめ

    • 生後7ヶ月から、赤ちゃんの首・腰がすわった状態で使用できるタイプ。
    • A型よりも軽くてコンパクトなので、持ち運びにも便利。
    • A型よりも種類は少ないが、セカンドカー用に価格は安めに設定されている。

    バギータイプのベビーカー

    A型でもB型でもなくて、B型よりもさらにコンパクトで軽量化されたベビーカーです。手頃な価格のものが多く、3台目のベビーカーとして人気があります。移動時の持ち運びや収納に関しては便利ですが、安定性の面から長時間の使用には適していないかも知れません。

    2人乗りベビーカー

    双子の赤ちゃんに適したベビーカーです。双子でなくとも、兄妹の年齢が近ければ外出時にとても便利です。2人乗りには縦型と横型があり、横型は幅が広くて収納に場所を撮ります。縦型は横幅が1人乗りと同じなので移動しやすいですが、前の座席はリクライニングができないのが欠点です。




Comments are closed.

Back to Top ↑